カイリキー

カントー

138種類目 ゴーリキー→カイリキー

ようやく進化した。これで、相棒ポケモン卒業した。

正直、カイリキーに進化できるのか微妙だった。ワンリキーからカイリキーにするにはあめの数が125個いるうえに、めったに野生ではお目にかからなかったからだ。だから、初めてワンリキーを見つけた時はとても嬉しかった。

では、どうやって、ワンリキーゴーリキー→カイリキーと進化できたかというと・・・。

バレンタインイベントと最近あったハロウィンイベント期間中に、2キロ卵からワンリキーが誕生したからだ。この期間に孵化したので、あめの数が倍増し、バレンタインイベント期間中にワンリキーからゴーリキーに。ハロウィンイベント後に相棒にしてあめを増やして、ゴーリキー→カイリキーに進化できた。

本当にゆるゆるとポケモンgoをしているので、こういうイベントは本当にありがたいものだ。

ちなみに、今の相棒はカメール。しばらくは、カントー御三家を相棒にして最終進化させていこうかと思っている。これは気長に行う。

10キロ卵連続孵化したよ

最近、ポケモンgoの卵孵化をする動画を見た影響で、卵をどんどん孵化していこうと思いました。やはり、卵をどんどん孵化することがポケモンコンプに近づくと思うので。

 

この数日の間に10キロ卵が相次いで孵化した。

ヨーギラスとポリゴン。

野生でめったにお目にかからない2匹。ありがたいことだ。

ちなみに、ヨーギラスには1度だけ野生で遭遇したことがある。

カビゴン

カビゴン。昨年の今頃、カイリューと並ぶジムのエースの1匹であった。ジムには必ずこの2匹がいた。

カビゴンはめったに野生では遭遇せず、入手が難しい10キロ卵から誕生するので、非常にゲットするのに難しいポケモンの1匹である。(もちろん、サーチなどを使えば、カビゴンゲットは難しくはないけど・・・)。

だから、一時期、「カビゴンが欲しい、カビゴンが欲しい」と思っていた。どこでもいいから遭遇してくれと思っていた。

それを願っていたからか、野生でカビゴンを2匹ゲットすることができた。

1匹目は偶然だった。ポケストップから道具を取ろうとした時、カビゴンらしき姿が見えた。一瞬、目を疑った。確認したらカビゴンだった。大急ぎでカビゴンを捕まえた。CPは500台だったが、ゲットしたことの喜びの方が大きかった。

2匹目は近くにいるポケモンに表示されていた。今のように、どこのポケストップポケモンがいるのか分かるような表示ではなかったため、近くにいてくれと願うしかなかった。その願いがかなったのか、カビゴンが現れた!!急いでゲット。1000を超えたカビゴンだった。

それ以来、カビゴンには野生では遭遇していない・・・。

ちなみに、3匹目は卵から。その頃は、ヨーギラスなどジョウトポケモン誕生を願っていたため、カビゴンが誕生した時はあまり感激はなかった・・・。しかし、個体値がよく、なおCPも3匹の中で1番高かったので、現在、BOXにこのカビゴンだけが残っている。

ハロウィンイベントまとめ

結構長い期間開催されたハロウィンイベントだったが、2週連続、週末に台風が直撃するなどして、少し不完全燃焼なイベントともなった。ネットで、お香を使って、ホウエン地方ポケモンをゲットしたというのを見たので、持っているお香を使ってゲットした。

ということでまとめ。

魔女帽子をかぶったピカチュウ

デルビル→ヘルガー

ヤラミミ

カゲボウズ

カゲボウズジュペッタ

ヨマワル

ヨマワルサマヨール

案の定、イベントが終わってから、この5匹とは遭遇していないので全部そろえられてよかった。しかし、お香がなくなったのでこの方法でゲットするのはもうできないな。

卵まとめ

ワンリキーが誕生。一気にあめが増えたので、ゴーリキーからカイリキーへそろそろ進化しそう。

ラプラスが誕生。ラプラスのあめが一気に増えた。が、モココかヨーギラスが欲しかった・・・。

ということで、ハロウィンイベントのまとめ終わり。

カイリュー

カイリューはドラゴン・飛行タイプで、種族値600というとても強いポケモンの1匹である(ただし、種族値の中に攻撃や耐久などのカテゴリーがあり、それらのバランスと特性が重要らしい)。それゆえ、ジム戦をする場合、大変重宝するポケモンの1匹である。

 

ミニリュウ→ハクリュウカイリューと進化する。あめは、第1進化で25、第2進化で100、合計125のあめが必要となる。だから、非常に進化させるのに難しいポケモンだったりする。おまけに、ミニリュウの巣もなくてどこに現れるかはトレーナー自身が読まなくてばならない。

卵は10キロ。ただでさえ、10キロ卵をゲットするのは難しく、歩く距離も多い上なにが生まれてくるかも分からない。

そういうわけで、カイリューをつくるのは難しいだろうなと正直思っていた。

 

今年に入り、ジョウト地方ポケモンたちが本格実装する直前に10キロ卵から生まれてくるポケモンたちの整理が行われた。一部のポケモンたちが5キロ卵から生まれてくるようになった(一部でネタとなったカイロスもその時期に5キロ卵から誕生することとなった)。

つまり、ミニリュウが10キロ卵から生まれてくる確立が上がったわけだ。案の定、10キロ卵からミニリュウが数匹誕生した。個体値のよいミニリュウが誕生すると同時に、あめの数も大幅に増えた。また、ミニリュウに遭遇しやすい場所も分かってきたので、野生でも何匹かゲットした。

そして、ようやく、カイリューに進化することができた。

 

正直、昨年の末はミニリュウカイリューにできるのかと正直あきらめていたけど、今年いろいろなことがあったおかげでカイリューがつくれた。

 

ということで、ヨウギラスのあめが大幅に増える時期は、ホウエン地方ポケモンたちが本格的に実装するあたりかもしれない。

ポケモンゲット話をつらつらと書いていく

ポケモンgoというゲームでは、ゲットしやすいポケモンとそうではないポケモンがいる。主に田舎在住のトレーナーやまったりプレイしているトレーナーからすれば、後者のポケモンが、ポケモンコンプの壁となる(伝説ポケモンは除く)。

 

そういうポケモンを私がどうやってゲットしたかをつらつらと書いていこうと思う。

 

一応、書く予定のポケモンリスト。

カイリューラプラス、ラッキー&ハピナスハッサムカビゴンチコリータベイリーフメガニウム

このあたりかな。

ホウエン(5種類目)ということで

5種類目 ヨマワルサマヨール

このハロウィンイベント期間中。週末に台風直撃ということもあり、仕方なく再びお香を使いヨマワルをゲットして、サマヨールに進化させた。

 

ということで、現段階におけるホウエン地方ポケモンはすべてゲットいたしました。達成感があって嬉しい。しかし、モチベーションが急激に落ちた。

 

それにしても、このイベントが終われば、ポッポなどのいつものメンバーに戻るんだな・・・。