カイリュー

カイリューはドラゴン・飛行タイプで、種族値600というとても強いポケモンの1匹である(ただし、種族値の中に攻撃や耐久などのカテゴリーがあり、それらのバランスと特性が重要らしい)。それゆえ、ジム戦をする場合、大変重宝するポケモンの1匹である。

 

ミニリュウ→ハクリュウカイリューと進化する。あめは、第1進化で25、第2進化で100、合計125のあめが必要となる。だから、非常に進化させるのに難しいポケモンだったりする。おまけに、ミニリュウの巣もなくてどこに現れるかはトレーナー自身が読まなくてばならない。

卵は10キロ。ただでさえ、10キロ卵をゲットするのは難しく、歩く距離も多い上なにが生まれてくるかも分からない。

そういうわけで、カイリューをつくるのは難しいだろうなと正直思っていた。

 

今年に入り、ジョウト地方ポケモンたちが本格実装する直前に10キロ卵から生まれてくるポケモンたちの整理が行われた。一部のポケモンたちが5キロ卵から生まれてくるようになった(一部でネタとなったカイロスもその時期に5キロ卵から誕生することとなった)。

つまり、ミニリュウが10キロ卵から生まれてくる確立が上がったわけだ。案の定、10キロ卵からミニリュウが数匹誕生した。個体値のよいミニリュウが誕生すると同時に、あめの数も大幅に増えた。また、ミニリュウに遭遇しやすい場所も分かってきたので、野生でも何匹かゲットした。

そして、ようやく、カイリューに進化することができた。

 

正直、昨年の末はミニリュウカイリューにできるのかと正直あきらめていたけど、今年いろいろなことがあったおかげでカイリューがつくれた。

 

ということで、ヨウギラスのあめが大幅に増える時期は、ホウエン地方ポケモンたちが本格的に実装するあたりかもしれない。